ペン彩画とは

HOME» ペン彩画とは »ペン彩画とは

ペン彩画とは

ペン彩画とは

ペン彩画の定義
ペン彩画とは、耐水性の水性ペン<ピグメントペン0.05~1.0mmの
黒又は茶系色>を使用し、スケッチの線を生かして、その上に
透明水彩絵具で彩色する淡彩&水彩の絵画を指します。
        また、ペン線と透明感ある彩色との調和・紙の白地を生かした
        光と影の表現・臨場感を尊重する具象の絵画です。
        スケッチブックサイズはF4を基準にこれ以下とします。 2014/01/15